×

⚠ Unsupported Browser Detected: This website offers limited functionality in this browser. For full functionality, please view this website in a modern browser like Chrome, Firefox, or Edge.

Vistexジャパン ブログ

フィジカルとデジタルの境界線

より良いショッピング体験を可能にするフィジタルとは? 現代の小売店は、商人たちが商品を売るために町の広場に集まった紀元前800年頃の古代ギリシアが起源と言われています。当時は物々交換が行われていましたが、次第に利便性の高い貨幣も使われるようになりました。

販促活動の予実管理をすることで費用対効果を高めましょう

御社がたくさんの施策を実施する中で、販促費の未活用だけは避けたい事案の一つでしょう。それは、果実の種を巻いたのにその収穫をしないようなものであり、販促活動を適切に計画、実行することは、御社の収益を最適化するために不可欠です。

チャネルパートナーと強固な関係を築くための優れた顧客サービス

市場の競争が激化する中で、カスタマーサービスに対する期待度は高まっています。マイクロソフトの調査によるとお客様の54%がカスタマーサービスに対して高い期待を寄せていることが分かります*。 加えて、多国籍企業やウェブ企業の出現により、カスタマーサービスの提供方法は大きく進化しています。すべてのサポートが対話形式で行われるわけではなく、ソーシャルメディア、電子メール、サポートチケットシステム、アプリやチャットなどのさまざまなサポート形式があります。そしてお客様は、自分にとって最も便利で費用対効果の高い方法を用いて問い合わせをされるのです。

メーカーが卸売業者や小売業者の間で存在感を高める方法

なぜお客様は御社の製品・サービスを購入してくださるのでしょうか。御社の製品・サービスが選ばれる理由は何でしょうか。御社の製品・サービスが、他社と比べてユニークで優れている点は何でしょうか。多くのメーカー企業では製品やサービスの良さをエンドユーザーに伝えるために多大な努力をしていますが、卸売業者や小売業者に対する価値提案はいかがでしょうか。エンドユーザーと卸売業者・小売業者は異なるからこそ、価値提案もそれぞれ異なる必要があります。

販売チャネルのデータを活用できていますか?

ハイテクメーカーが小売や卸などのパートナー企業とのトランザクションの詳細を可視化する方法に、チャネルデータ管理(CDM)という考えがあります。CDMで販売チャネルのデータを適切に管理できれば、データの分析が可能になり、売上の増加や無駄な支出の削減につなげ、チャネル施策に対する投資対効果の向上につなげることができます。

卸売業者がコロナ禍を勝ち抜くための 5 つのヒント

パンデミックによって、多くの人がオンラインで買い物をするようになり、卸売業者の中にはビジネスへの影響を受けている企業があるかもしれません。本ブログでは、特にコロナの影響を受けている卸売業者が、競争を勝ち抜くための施策についてご紹介します。

価格を科学的に最適化することで得られる効果とは?

価格最適化とは、データを活用して製品の最適な価格を決定するプロセスのことを指します。文章だけを見るとシンプルですが、ビジネス・ケースに当てはめてみると、非常に奥の深いトピックになります。

御社の拡売費や成功報酬はニューノーマル時代に合致していますか

ギリシャの哲学者ヘラクレイトスは「人生で変わらないことは変化すること」だと言いました。まさに現在、同じことが言える状況にあります。とても多くのディスラプション(破壊的創造)が起きており、御社の実施する販促施策は、現状に即しているでしょうか。

拡売費を効果的に活用するための6つのヒント

新型コロナウイルスにより前例のない状況が2年近くも続いており、すでに貴社が実施するパートナ向け販促プログラムにも影響が出ているかもしれません。本ブログでは、パートナ向け販促プログラムの現状を把握して、拡売費の投資配分を見直すためのヒントをご紹介します。

小売業界が2022年に注目すべきトレンド

新型コロナウイルスによって大きく変化した小売業界の3つのトレンドを紹介 小売業界は、2年にわたって新型コロナウイルス感染症対策の最前線に立ってきました。