得意先・仕入先およびベンダーのデータ保守要件への対応は、複雑かつ困難になりつつあります。不正確なデータは注文、配送、支払い、そして最終的には貴社の評判や収益性に影響を及ぼします。急速に進化するビジネス環境では、データ保守は最優先事項のひとつとして取り組む必要があります。

  • 得意先、品目、仕入先マスタ間でデータを容易にコピー・拡張
  • マスタデータへの一括変更・配信
  • 変更履歴管理と承認プロセスによる、コンプライアンスとガバナンスの確保
  • 将来的な変更を現時点で管理
  • 自動化ツールと直感的インターフェイスによるマスタメンテ生産性向上

マスタデータから実用的な洞察を獲得し、ビジネスパフォーマンスを向上させる

SAP Data Maintenance for ERPは、SAP ERPアプリケーション内で重要品目、得意先及び仕入先の管理を効率化いたします。直感的なユーザーインタフェースを活用することで、統合されたデータをインタラクティブに管理することができます。SAP Data Maintenance Resourcesは、全てのデータを一元化したデータリポジトリを提供し、手作業によるエラーを削減し、データ保守効率を向上させます。現バージョンでは、データ検証やガバナンスルールの適用、大規模な変更の実行、将来有効日付の変更処理がこれまで以上に容易になりました。